ようこそ、湯前町商工会サイトへ!!(熊本県球磨郡湯前町)

宝陀寺観音

宝陀寺観音

宝陀寺の外観は、昭和49年に改修されましたが、内部の須弥壇や円柱などは、当時のままの姿で残されています。

木造十一面観音立像は、檜の寄木造で、頂上面を除く化仏、持物、光背、台座などは、後世になって修復されたと思われます。

相良三十三観音 27番礼所

宝陀寺観音 宝陀寺観音


観音堂

  • 構造: 木造(3間×2間)切妻造  セメント瓦葺き(元茅葺き)
  • 建築年代: 元禄9年(1696)推定、明治31年7月(1898)改築
    湯前町指定重要文化財

本尊(十一面観音)

  • 構造: 木造 桧 寄木造
  • 年代: 南北朝時代
    熊本県指定重要文化財


トップページへ

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional