ようこそ、湯前町商工会サイトへ!!(熊本県球磨郡湯前町)

御大師堂

御大師堂(町指定)

御大師堂

記録によると、江戸時代には吉祥院の一堂であった様です。桁行三間、梁間三間、寄棟造、茅ぶきで回縁を配します。
堂内には、弘法大師坐像のほか、平安末期の毘沙門天立像など多くの文化財があり、境内には古塔碑群もあります。

これらの加工技法から1581年建立と考えられています。

時代:室町後期
町指定重要文化財


木造弘法大師坐像(県指定重要文化財)

座高88cmの檜材寄木造で、右手に五鈷をとり、左手に念珠をもつ典型的な像ですが本像は造立年代も古く、秀作として知られています。当初は彩色されていたと思われます。頭内銘により、大宰府の山井氏が佛師祐全に造立させたことがわかります。その後、当地へもたらされたと思われます。

時代:応永七年(1400年)
県指定重要文化財


アクセス

国道219号沿いにある湯前郵便局のわき道を北方向に進んでつきあたりすぐ。


トップページへ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional