里宮神社~縁結びの神様です。(熊本県球磨郡湯前町) 

里宮神社

里宮神社(さとみやじんじゃ)

縁結び

里宮神社

高台にある湯前城跡に立つ神社。

縁結びの神様として名高い、水上村市房神社の遥拝所として、昭和9年に再建されました。市房山の中腹までの参拝が難しいため、この場所に里宮として移されたものです。

境内からは、緑に囲まれた湯前町を一望することができます。

境内の神木を伐採し、平成22年4月に「昇り龍神像」が製作されました。(平成23年4月に「降り龍神像」も製作されました!」

湯前町 里宮神社の昇り龍製作風景

湯前町 里宮神社の昇り龍神像


市房山神宮里宮『由緒記』より抜粋

市房山神宮里宮の地は、普門寺という別当地(水上村湯山)の修験道であったが、永正年間のころ岩野(水上村)に移され、施無畏山真言院普門寺と称しました。

天正10年(1582年)の猫寺騒動で、慶長9年(1604年)に湯前城主東三河守直政の居城であったこの地に移されました。

明治になり普門寺は廃寺となり、市房山神宮が高山の山腹にあって参拝が容易でないため、その廃寺跡に明治5年8月市房山神宮の遙排所が設けられていましたが、明治16年6月祝融の火災によって全焼しました。

その後50年余年間復興をみるに至らず空しく荒廃に委せられていたのを、里人 崇敬者相謀り、昭和6年2月復旧工事に着手し3年有余の日子を費やして、昭和9年4月に竣成しました。

市房山神宮は、天城天皇 大同2年の創建にして爾来星霜を経ること一千百余年の古社にして市房神宮とともに相良藩累代の尊崇厚く球磨郡民また郡外の伝統的信仰の中軸なり、武神の神、縁結びの神として老若男女その信仰深きところがあります。


アクセス

  • 市房山神宮(本宮)
    熊本県球磨郡水上村湯山
    お問合せ TEL:0966-44-0312(水上村役場)
  • 一の宮神社(中宮)
    熊本県球磨郡水上村湯山1374
    お問合せ TEL:0966-46-0046(尾方 立)
  • 市房山神宮 里宮(下宮) ※本ページで紹介
    熊本県球磨郡湯前町下城
    お問合せ TEL:0966-43-3032(社務所)


トップページへ

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional