龍神ハナグリ石神社~家運降盛・商売繁盛・金運・進学就職・試験合格・縁結び・病気全快などにご利益(熊本県球磨郡湯前町) 

龍神ハナグリ石神社

龍神鼻刳石神社(龍神ハナグリ石神社

龍神ハナグリ石神社

基本情報

この神社の祭神は、七箇所に穴のある世にも珍しい巨石で、龍神様の化身ともいわれています。
龍神は、家運降盛、商売繁盛、金運の他、進学就職、試験の合格、縁結び、病気全快などあらゆる願い事の神様として有名です。

戦後(昭和21年頃)、神社の現在の駐車場に小屋を作り、龍神を祀りながら土地を切り拓いていると、龍神に目、鼻、口がついているのが分かりました。
それまで北の方向に祀っていた神社の向きを南向きに変え、現在の方向でお祀りしています。


龍神ハナグリ石神社画像1 龍神ハナグリ石神社画像2

龍神ハナグリ石神社画像3 龍神ハナグリ石神社画像4

龍神ハナグリ石神社画像5 龍神ハナグリ石神社画像6


由緒

ハナグリ神社の巨石

龍神ハナグリ石神社の7ヶ所穴巨石)

神社の奉神は、7ヶ所の穴がある世にもめずらしい高さ3メートル、回りが10メートルの巨石です。
巨石横の榎木(御神木)は約100年以上の大木です。

その昔祭りごとを怠った村人に龍神の怒りが降りかかりました。
龍は村の田畑を幾日も荒らしまわり、収穫も皆無の状態が度々重なりました。

困り果てた村人は巨石(龍神)の穴に藤つるを通し、松の大木に繋ぎ供養物を捧げ一心に祭りごとを行いました。
龍神の怒りは収まり村人に再び平和と豊作が訪れたと伝えられています。

ハナグリ神社の御神木

(独特な龍神ハナグリ石神社の御神木)


ハナグリ石神社の龍神

ハナグリ神社の龍神絵

(絵:湯前町 浅田画伯)

昔から地に千年、海に千年、天に千年住むと云われており、この巨石の近くには龍神の召使であるまぼろしの蛇が棲んでいると云われています。
この龍神は、霊験あらたかで村人の家運降盛、商売繁盛、進学、縁結びなど、あらゆる願いごとを叶えてくださる神様として崇敬されています。

龍神ハナグリ神社の巨石と榎木

(7ヶ所の穴がある巨石と御神木が龍神の形に・・・)


参拝に訪れた方からのお話・御利益など

  • 神社を2匹の大へびが渡っていくのを見てから、幸福が訪れるようになった。
  • 大阪の方に娘が結婚し、どうしても男の子が欲しいと思ってこの神社を訪れお参りしたら、無事に男の子が生まれた。
    現在もずっとお参りに来ている。
  • 鳥居のある噴水の場所で龍神が浮かんで見えた。その後、幸福が訪れている。
  • 60年以上お参りしている。

龍神ハナグリ石神社の絵

(絵:湯前町 浅田画伯)


アクセス

熊本県球磨郡湯前町北牧良5207-2


龍神ハナグリ石神社の地図

(絵:湯前町 浅田画伯)


トップページへ

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional